スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出版報告

7月2日、彩流社より
進路に悩んだら読む 16歳からの「孫子」
が出版されます。
この本は
○ 自分の生きるべき道の選択に迷う高校生や大学生、そして既に社会に出ている若者
○ 「孫子」という古典を読んだことがなく、簡単に読める本を探している一般の方

にお薦めしております。
また、高校生の読書感想文の対象本として、教員の方にも手に取っていただきたい著作です。

わたくし饗庭はこの著作を、皮相な綺麗ごとに覆われている、したがって非現実的な、教員の進路指導、および若者の安易な進路選択、それらに対するアンチテーゼとして書きました。
さらには、この著作を、世に溢れる『超訳』へのアンチテーゼとしても書きました。
読んでいただければ幸いです。

また、このページにて、この著作を世に問うまでの間、応援してくださった皆様に感謝の意を表したいと思います。改めて個別に御礼いたしますが、先にこのHPにて申し上げます。本当にありがとうございました。
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。