スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「高校内予備校」プログラム

○ 趣旨


 高校内で受験対策を行うことで、貴校在校生が予備校・塾へ通うことによって生じる経済的負担、そして時間的負担を解消します。同時に、生徒さんの安全と保護者様の安心を確保します。


 高校内での進学指導と生徒さん個人が行う受験勉強との連動を図ります。


 成績の向上は、どれだけ講義を受けたかではなく、そこで学んだことを自習でどれだけ反復練習するかにかかっています。当プログラムは、あくまで生徒さんが、一人で、自立して、問題集を教材に学習することができるよう指導をします。生徒さんに独学させるための戦略と戦術を提供するのです。当方が提供する講義は問題演習の機会ではなく、生徒さんの独学自習のきっかけとなります。

  ↓↓

 予備校・塾にとっては、あくまで生徒に講義を受講させることが利益の源泉です。講義をたくさん取らせようとして、受験生に自分で考え、自分で学び、自分で練習する貴重な時間を奪っているのです。20年以上、予備校で講師を務めた私にはそのことをよく承知しております。そして、それが日本の若者のためにならないことを、ずっと憂いておりました。
 私は大学受験においては、医学部受験などの特殊な場合を除き、予備校や塾へ通う必要はないと確信しております。





○ 高校内予備校の実際

 各学校様のご要望に応じて様々な日程を用意しております。
・ 短期間(2日~6日)集中講義
・ 1日講義
・ 毎週または隔週(5回~10回)講義
・ 土日講義

 

☆「難関私大対策:夏季5日間集中ゼミ」での例
(時間)
1日3講義、1講義は60分×2の2時間(途中10分間休憩)
第1講義10:00~12:10
第2講義13:00~15:10
第3講義15:40~17:50
(内容)
・合格のための全体戦略
 ~ 「大学受験生が行うべきノートの取り方3ヶ条」を含む ×1講
 ※ゼミの冒頭に講義します。
・現代文 ×3講(360分)
・古文  ×3講(360分)
・英語長文 ×3講(360分)
・総合英語 ×3講(360分)
 ※総合英語とは長文読解問題以外の問題(空所補充問題、整序英作文問題、会話文問題など)を取り扱います。
・これからの学習計画
 ~ 「問題集の選び方」「大質問大会」を含む ×1講
 ※ゼミの最後に講義します。
  ↓↓
ゼミ1セット計14講1680分
※これらはあくまで一例です。時間は柔軟に対応できます。



 以上のように、受験に必要な国語・英語を科目横断的に一貫した戦略・戦術で、わたくし饗庭が講義します。
※オプションで、推薦対策の小論文、討論、面接、なども講義します。教員対象の講座もご用意できます。

 わたくし饗庭は国語・英語や小論文などの推薦対策講座など担当した全ての科目で、自分名義の冠講座(ex.饗庭の現代文講座)を予備校(公務員試験予備校も含む)で担当しておりました。
 冷徹に現実を見つめ、緻密に論理を組み立て、その結果完成した戦略・戦術を、十二分な実績とともに、皆様へ提供してまいります。


 (注)下線部「科目横断的に一貫した戦略・戦術で」について
 現代文や古文、そして英語長文、はたまた小論文・討論に至るまで、それが言語に関する科目なら同一の方法論で成績を上げることができます。英語や現代文などをバラバラに考えるから学習の効率が悪くなるのです
 私は、他の予備校講師がもたない「言語学の素養」と「複数科目での冠講座担当経験」をもって、このことを講義いたします。



○ 料金

 「高校内予備校」はわたくし饗庭が個人事業主として注文を受け付けております(他の業者と提携する場合もありますが、現時点では個人で受注します)。

 料金のお支払いについては以下の3つの形態があります。
1 全額、学校様負担
2 一部、生徒負担
3 全額生徒負担(学校様は開講の告知と受付、および施設等の提供のみ)

 上記の1の場合、学校様のご予算に応じ、打ち合わせのうえ、ゼミ内容・時間と料金をお見積もりいたします。2の場合も同様となります。
 上記の3の場合、原則としては私が直接、生徒さんから受講料の徴収を行うことになるかと思います。私の受け取る報酬は、受講を希望する生徒さんの人数に拠ることになります。
 いずれにせよ、生徒さんの経済的負担は相当軽くなります。
 上記の「難関私大対策:夏季5日間集中ゼミ」での例で申し上げますと、予備校で受講すれば6万円前後は支払わなくてはなりません。しかし、このプログラムなら生徒負担はゼロ、または多くても1~2万円で済みます。
 さらに、予備校はゼミの後、何かと売り込みをかけられますが、当プログラムは生徒さんが自立して独力で勉強できるようにするのが目的ですから、これ以上の負担はありません。

 このように生徒さんにも学校様にもメリットの大きい「高校内予備校」プログラムの発注を検討してみませんか。
 料金や時間・内容は柔軟に対応できますので(但し理系科目には対応しておりません)、どうぞお気軽にご相談ください。
 お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp
まで。

   ○   ○   ○

☆饗庭の「孫子」本
『進路に悩んだら読む
 16歳からの「孫子」
(彩流社)
ジュンク堂はじめ全国の大型書店やブックファーストにて絶賛発売中!


☆饗庭の面接本
『堂々面接回答 ザ・クール・アンサー』(新曜社)
ジュンク堂はじめ全国の大型書店や各大学の生協にて絶賛発売中!

プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。