スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章理解で点数が取れない最大の要因

『公務員試験スピード解説 文章理解』の第2刷に追加されたコラム『それでも正解できない君へ』

 本書の作法を会得していれば、「少ない条件で慌てて答えを決める」、「本文の内容に対する思い込みで答えを決める」といった一般の解答者にありがちな間違いを避けることができる。後は、英語で最低限の語彙力があるかどうかだけが問題となる。
 しかしながら、作法を理解し、論理形式を記憶し、英単語もそこそこ暗記しているにもかかわらず、まだ正解率がよくない人がいる。なぜそうなるのか。それは、
見落とし、見間違い
が多いからだ。
 いくら作法を理解していたとしても、論理形式を見落としていたり、言葉のつながりを見間違えたり、肢文の中の一致する言葉を見逃していたりしていたら、間違いを防ぎようがない。が、往々にして、文章理解で点数が取れない人、本書の内容を理解しても点数が取れない人は、この間違いを犯す。
 また、こういう人は解答中だけでなく、解説を読んでいるときにも、見落とし・見間違いをやらかしてしまう。
 なぜ、そのような認識能力の欠如とも、注意力散漫ともいった状態になるのか。それは何か言葉をしっかりと認識する(=見落とさない・見間違えない)ための前提となる意識、その意識が低いからだ。
 認識力・注意力に欠ける人にありがちなのは、問題を解いても○×だけに関心をもって解説は流し読み、なぜ自分が間違えたのかを分析しないし、解答後のフォローを行っていない。P.31にも書いた
『認識すべき言葉を確認しながら、「作法」のどこでつまずいたか確認し、その自分の失敗を記録する
という作業をしているかね。すなわち、自分の失敗を分析し、次への教訓としない。「できない」のではなくて、そもそも「しない」のである。
 この解答後の意識の低さが、次の解答時の意識の低さ、つまり認識能力の欠如・注意力散漫へとつながる。なぜ見落とし・見間違いをするのか。元をたどれば結局、高い意識をつくろうとしなかったこと、つまり怠惰こそが正解率の上がらない本当の原因なのだ。

 ↓ ↓
もどる
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。